社会人が韓国留学をすると費用がどのくらいかかる?半年だと〇〇万円です

韓国留学
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

韓国留学をする上でお金の心配があるかと思います。

この記事では、社会人になってから韓国に留学した経験がある私が、半年でどのくらいの費用がかかったのかを紹介します。

さらに、どのようにしたら費用を抑えられるのか、語学堂に通う予定のある方は2期以上通うと学費を抑える方法もあるのでそちらも合わせてご紹介します。

韓国留学後の進路が気になる人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

留学ブランクや短期離職でも大丈夫!転職を5回経験してわかったオススメ転職サイト・サービス

韓国留学の帰国後は?不安なら語学+アレを身につけよう!(留学経験者の進路 事例も公開)

費用をかけないでオンラインレッスンで韓国語を勉強する方法もあります。こちらの記事もチェック!

【韓国語のオンラインレッスン】安いけど安心して学べる教室はどこ?オススメ7選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会人が韓国留学すると半年間でどのくらい費用がかかるのか

半年でかかる費用は100〜120万円

欧米への留学に比べると比較的安いですが、韓国に半年の留学でかかる費用は大体100万円前後と言われています。最近は物価も上昇しつつあり、もう少し費用がかかる可能性もあります。

費用の概要

それでは一体何にお金がかかるのかをみていきましょう。

  • 授業料
  • 生活費
  • 留学手続き費用
  • 保険費用
  • 航空券と現地移動費用
  • 資料・教材費

授業料

韓国の語学堂や語学学校によって異なりますが、一般的に言語コースの授業料は月額5万円程度とされています。語学堂は基本的に3ヶ月で1学期とするところが多いため、申し込み時に15万円以上かかる場合がほとんどです。また教科書代など勉強に必要なものを揃える時にもお金がかかります。

生活費

食事、住宅、交通費、娯楽などの生活費は、韓国の都市や生活スタイルよって異なりますが、首都圏を基準に月に約10〜15万円程度と考えておくと良いでしょう。自炊をせずに外食をすると結構お金を使うことになってしまうのでそのあたりも注意が必要です。

留学手続き費用

ビザ申請や入学手続きにかかる費用も考慮が必要です。これには申請料や郵送料などが含まれます。
留学エージェントを使って留学の手続きをする場合は、さらに手数料がかかります。

保険費用

留学中の健康面を考慮し、海外旅行保険に加入することがおすすめです。保険料は滞在期間や保険内容によって異なります。

航空券

航空券の価格は季節や予約時期によって変動します。また、現地での移動手段や交通費も予算に含めておくべきです。

実際にかかった費用

留学費用の内訳

項目 金額(万円)
家賃 6万円×6ヵ月=36万円
語学堂 155,000万円×2ヶ月
飛行機代 往復4万円
食費 3万円×6ヵ月 =18万円
保険 5万円
その他 旅行など 6万円
合計 100万円

私は留学中にお金をたくさん使える状況ではなかったので、できるだけ費用がかからないように生活をしていました。

韓国留学の費用を下げるためにできること

韓国留学は、新たな文化や経験を得る素晴らしい機会ですが、留学には費用がかかることも確かです。しかし、工夫次第でその費用を効果的に削減する方法があります。
以下では、韓国留学の費用を下げるために実践できる5つの方法をご紹介します。

個人手配にする

留学エージェントを介さずに、航空券や宿泊先などを自分で手配することで、不必要な手数料を避けることができます。インターネットを活用して、お得な情報を集めて計画を立てましょう。

家賃をできるだけ下げる

滞在先の選択が費用を大きく左右します。シェアハウスやルームシェアを検討して、家賃を削減する方法があります。また、住宅地の選定や賃貸契約の交渉にも注意を払いましょう。

カード払いでポイ活

留学に行く前からカードを使うようにしておくとポイントが結構貯まります。航空券の支払い、保険、留学してからの家賃や学費がカード払いできるようであればポイントが貯まりますので賢く貯めていきましょう。ポイントを海外で使うのは難しいかもしれませんが帰国後役に立ちます。

韓国留学にオススメのカードの紹介記事はこちら

韓国留学にオススメなクレジットカード 選び方のポイントも解説

自炊する

外食費を抑えるために、自炊を取り入れるのも良いアイデアです。現地の食材を利用して料理をすることで、食費の節約が期待できます。料理を通じて地元の文化も学ぶことができるでしょう。

語学堂の奨学金をもらう

韓国には優れた語学堂が多く存在し、奨学金制度も充実しています。語学力を向上させるために奨学金を活用することで、学費を軽減するチャンスを得ることができます。成績優秀者には最大学費100%免除になったりします。

アルバイト 副業

学生ビザで留学する人は規定はあるものの現地でアルバイトができます。現地でアルバイトができると語学力の向上や韓国人の友達ができやすいです。また、空いた時間を使ってWebを使ったブログやSNSなどの副業にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ブログはドメインとサーバーを契約すれば、どこでも書くことができます!

まとめ

韓国留学の半年間の費用は約100〜120万円になります。授業料、生活費、手続き費用、保険、航空券、教材費がかかることになります。授業料は月額5万円程度とされ、生活費は10〜15万円ほどが一般的です。


留学を個人手配したり、カード払いでポイントを貯めていくのも費用を抑えるコツです。自炊をすることや語学堂の奨学金を活用すること、そしてアルバイトも考えることで費用を節約できるでしょう。留学の魅力を最大限に引き出すために、賢明な費用計画を心がけましょう。

韓国留学後の進路が気になる人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

留学ブランクや短期離職でも大丈夫!転職を5回経験してわかったオススメ転職サイト・サービス

韓国留学の帰国後は?不安なら語学+アレを身につけよう!(留学経験者の進路 事例も公開)

費用をかけないでオンラインレッスンで韓国語を勉強する方法もあります。こちらの記事もチェック!

【韓国語のオンラインレッスン】安いけど安心して学べる教室はどこ?オススメ7選

タイトルとURLをコピーしました