油を使わないホットクが美味しい!「韓国グルメ」冬になると食べたくなる屋台のおやつ

こんにちは

寒い日が続きますね。

僕は寒くなると無性に食べたくなるものがあります。

それは「ホットク」です。

f:id:keena1015s:20190117103458j:plain

SNSもみてね!
haneulをフォローする

「ホットク」とは

「ホットク」とは韓国で代表的な屋台のおやつでして小麦粉などで黒砂糖とシナモンで作った餡を包み油を多めにひいた鉄板の上で平たく丸く押して焼いたお菓子です。

説明を読んだら思うかもしれませんがこれこそまさにザ・シンプル!

シンプルゆえに僕は最初「ホットク」に対して全く興味を持っていませんでした。

留学している時に道を歩いていたら「ホットク」を売っている屋台があってちょっと小腹が空いていたので話のたねに食べてみることにしました。

出来立てアツアツの「ホットク」を食べて膝から崩れ落ちました。

っていうのはオーバーですが、激ウマで驚きました。笑

一口かじると中からふわっと黒糖とシナモンの香りがしてさらに食べ進めたくなります。

生地のもちもち感も絶妙なんですよね。

記事を書いていると食べたくなってしまいます。

そんな美味しい「ホットク」ですが、結構な量の油を使うのでカロリーが気になる方もいるかと思います。

「ホットク」好きだけどたくさん食べると太っちゃうと気にしている方に朗報です。

油を使わないホットク

実は油を使っていない「ホットク」を屋台で売っている場所があるのです。

f:id:keena1015s:20190117103659p:plain

この油を使わない「ホットク」をみたのは明洞の近くです。

人で賑わっているところではなくロッテデパートの近くで見つけました。

もし見つけたらあなたはラッキーかもしれません。探してみてください。

僕は普段あまり明洞の方に行かないので気づかなかったのですが観光客が集まるということもあり、屋台が多いですね。

気になる油を使わない「ホットク」の味はというと普通のに比べてちょっとパリッとしている感じです。

中からは黒糖とシナモンの香りがしてやはり美味しいです。

これはこれで好きでした。

おすすめなので韓国に行かれた際はぜひ探して食べてみてください。

日本にいると「ホットク」を無性に食べたくなってしまいます。

この前キムチを作ることができたので、今度は「ホットク」を作ってみようかな。笑

それでは

www.haneul10.com

www.haneul10.com

www.haneul10.com