Vlogしたい人必見! Go Pro Hero7とDJI Osmo Poketカメラ比較

こんにちは

いきなりですが、みなさんはYouTubeみますか??

今や知らない人はいない動画配信サイトですよね。

僕も、YouTubeで動画をみない日はないです。

生活の一部に完全に溶け込んでいます。

では、動画を投稿していますか?

うーん、これはどうですかね?

僕の周りでもあまり動画を投稿している人はいないです。

でも、YouTuberとしてお金を稼いでいるということを聞くと自分でもやってみたいと感じてる人は多いと思います。

これからもっと動画の市場が拡大するとも言われています。

最近、有名なブロガーさんもYouTubeを頑張っていますね。

ブログをしているみなさんも、動画市場が気になってると思います。

僕もそのうちの1人です。

僕は、一応YouTubeチャンネルを開設して動画をあげています。


GarageBand で作曲 Part4

作曲できるアプリで作った音楽を投稿しています。

しかし、旅行先や日常のVlog的な動画を前からずっと撮ってみたいと思っていました。

でも、手持ちのカメラは写真用で動画に強くない、スマホは動画を撮影すると手ぶれがひどくてなかなかYouTubeに投稿できずにいます。

そこで、手ぶれしないカメラを買おうか悩んでいます。

最近話題になっているカメラを比較してみました。

Designed by Freepik

気になっているカメラ

  • Go Pro Hero 7
  • DJI Osmo Poket

僕はもともとGo Proを買う気満々でレビュー動画やブログ記事をあさっていました。

すると、すごい商品がでるという記事を目にしてどっちがいいのか悩んでいます。

Go Pro Hero7

2018年9月27日発売

画質4K

幅62.3×高さ44.9×奥行き33mm

重量116g

価格¥53460

メリット

  • アクションカメラの王道
  • HyperSmooth搭載により、手ぶれが少なくなった。
  • 水深10Mの防水性能
  • 画角が広い
  • 色味が明るく綺麗
  • アクセサリーが豊富
  • バッテリー交換できる
  • 小さい

デメリット

  • 写真が微妙
  • 暗い場所の撮影はあまり強くない
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 自撮りしにくい

DJI Osmo Poket

2018年12月15日発売予定

画質4K

幅36.9×高さ121.9×奥行き28.6mm

重量116g

価格¥44895

メリット

  • ジンバル一体型でとにかくぶれない
  • 追従機能がある
  • 夜景も綺麗に撮れる
  • 自分が動かなくてもパノラマが撮れる
  • 画面をみながら自撮りができる
  • 高画質
  • 小さい

デメリット

  • バッテリーが内蔵型である
  • 防水ではない(アクセサリーで補える)
  • 画角が狭い

まとめ

いかがでしたでしょうか

両方にいい部分があり、かなり悩みます。

価格差は、あまりないですね。

僕の用途はほとんど街歩きや、食べ物の撮影になるかと思います。

そういうことを考えると今持っているカメラよりもブレないということが重要なのでDJI Osmo Poketかな~

もう少し比較して使う機会が増えそうだったら購入します。

これから、YouTubeに動画を投稿したり、旅の思い出に動画を撮りたい人はぜひみてみてください。

YouTubeにたくさん比較動画があるのでそちらが参考になると思います。

それでは

コメント